ここから本文です。

水源林に行ってみよう
〜水源地ふれあいのみちのご紹介〜

水道局では、水道水源林が果たしている役割や自然を守ることの大切さを身近に感じていただけるよう、
水源地ふれあいのみちを整備しています。
奥多摩湖を眺望する小河内ゾーン「見はらしの丘」、
多摩川のはじまりを探訪する水干ゾーン「源流のみち」、
ブナの天然林を歩く柳沢峠ゾーン「ブナのみち」の3コースがあります。

水源林ツアーの様子

水源林ツアーでは、水源地ふれあいのみち等を散策しながら、水をはぐくむ水道水源林のはたらきや役割、樹木の名前や特徴、水道水源林の管理などについて職員が説明を行います。また、樹皮や葉の香りをかぐ、沢の水に触れるなどの様々な自然体験を実施します。